fc2ブログ
道草食ってみよっ♪
撮影した虫の写真、自然のもの等を紹介したいと思います。
202404<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202406
クロタマゾウムシかな。
Curculionidae  Cionus helleri
クロタマゾウムシ
脚をたたんだら、ダンゴムシのようにまるまりそうです。



クロタマゾウムシ2



クロタマゾウムシ3



クロタマゾウムシ4
スポンサーサイト



テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

サルゾウムシの仲間。
Curculionidae  Coelioderes ? Mecysmoderes ? or...
サルゾウムシの仲間
2016/4月中旬のゾウムシです。
留まっているのはヤブレガサですが、ホストなのかわかりません。



サルゾウムシの仲間2
大きさは2mm程、こちらのゾウムシと翅の白紋の位置などよく似ていますので、近似種なのでしょう。
胸部の真ん中にも白紋があります。



サルゾウムシの仲間3



サルゾウムシの仲間4
ヤブレガサです。
他に近似種があるかはわかりませんが。

サルゾウムシの画像などはずいぶん減ったように思いますが、再編中なのでしょうか?
ミズキにもに2mm前後の形態の違うサルゾウムシが、いろいろいたりするようですが。。
改めて過去の写真を見てみると、形の少し違うものと、白紋の有る無しがいました。
別種なのか雌雄差なのか変異が多いのかな。。
ミズキトゲムネサルゾウムシについても、参照したサイトを確認することが出来ないので、
このゾウムシもトゲムネはあえて使わず、サルゾウムシの仲間ということにしておきたいと思います。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

Ceutorhynchus semirufus その2。
Curculionidae  Ceutorhynchus semirufus
Ceutorhynchus semirufus
オオバタネツケバナ?に今年もいました。
翅の赤い部分は昨年のとは違います。個体差があるようです。


Ceutorhynchus semirufus2
カップルもいました。
蕾の下に跗節全体でうまいことつかまっています。
上向きも下向きも、苦も無く歩き回れるんだね~
♂は♀の肩などを、とんとんとせわしなくたたいてました。


Ceutorhynchus semirufus3
2016/4月中旬 昨年、記事を載せた後ですが蕾にとまっていたものです。



Ceutorhynchus semirufus4
その後、花に口吻を指していました。下の方なので蜜をなめているようにも見えますが、産卵もあるのかと思い、何度も見に行きましたが、警戒心が強くて、見つけたとたんにぽろっと落ちてしまいます。
花は昨年より多いですが、ゾウムシの方は2,3匹しか見つけられません。
慣れてくれるといいんだけど。



Ceutorhynchus semirufus5
上の方にも穴が開いてます。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

チビヒョウタンゾウムシかな。
Curculionidae  Myosides seriehispidus
チビヒョウタンゾウムシ
小口の上にいた腹部の丸いゾウムシです。2.5mmぐらい。




チビヒョウタンゾウムシ2
何処から出て来たんだろう?



チビヒョウタンゾウムシ3
土色をしてるから土の中だろうか?



チビヒョウタンゾウムシ4
背中に鍵状の突起がたくさんあります。
こういうのを使うんだったら、固いものの隙間とかかなあ?
木の根や石の下にでも潜ってたのかなあ?
それとも、メナモミの実のように、仲間同士でくっつきあって過ごすのかな?

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

シリジロヒゲナガゾウムシかな。
Curculionidae  Androceras flavellicorne
シリジロヒゲナガゾウムシ
9月下旬 触角の太いヒゲナガゾウムシ。
根元は細いのにかなり丈夫なのかな。中が空洞なのかな。。



シリジロヒゲナガゾウムシ2
大きさは4mmぐらいかな。



シリジロヒゲナガゾウムシ3
フラッシュも効かなくて、顔が真っ黒。・▽・;/



シリジロヒゲナガゾウムシ4
こっちの方がなんか顔みたい。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ツヤケシヒメゾウムシかな。
Curculionidae  Pellobaris melancholica
ツヤケシヒメゾウムシ
6月上旬 つるにいた黒いヒメゾウムシ。鼻の付根まで3.5mmぐらい。
翅のお尻の方に1対の突起があります。



サルナシ
植物はサルナシでしょうか。



ツヤケシヒメゾウムシ2
ちょきちょき切り始めました。



ツヤケシヒメゾウムシ3
つるが切れました。



ツヤケシヒメゾウムシ4
この後ゾウムシは引き返していきました。
次はどうするのかと思ってたけど、藪の奥に入って行ったっきり出てこないので
作業は終了のようです。

つるの切られた先端側に、すでに産卵してたんかなあ?

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

カレキゾウムシ2種いました。
Curculionidae   Acicnemis dorsonigrita
アトジロカレキゾウムシ
4月中旬 樹の幹にいたゾウムシ。5mmぐらい
アトジロカレキゾウムシかな。


アトジロカレキゾウムシ2
久しぶりに見かけました。こんなに小さかったっけ?



Curculionidae  Acicnemis suturalis
ナカスジカレキゾウムシ
こちらはさらに小さかったです。3mmぐらい。
下向きの葉の先が枯れたように見えました。
背中を撮ったらぽろっと落ちてしまいました。
ナカスジカレキゾウムシかな。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

Ceutorhynchus semirufus(サルゾウムシ亜科)かな。
Curculionidae  Ceutorhynchus semirufus
Ceutorhynchus semirufus
オオバタネツケバナ?の花を撮っていると、花の中心に赤い粒が。



Ceutorhynchus semirufus2
覗いてみるとちっさいゾウムシでした。2mmぐらい。



Ceutorhynchus semirufus3
赤黒白のカラフルなゾウムシです。


Ceutorhynchus semirufus4
*こちらを参照しました。
こちらもタネツケバナ属Cardamine の花に来ていたようです。

今日は暴風。あのゾウムシは、閉じた花の中にでも避難してるんだろうかと思って
見に行ってみましたが花には見当たりませんでした。
どこかで風がやむのを待ってるよね。

*こちらも参照しました。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

レロフチビシギゾウムシかな。
Curculionidae  Archarius (Toptaria) roelofsi
レロフチビシギゾウムシ
ケヤキの樹皮下にいた、2mmぐらいのシギゾウムシ。



レロフチビシギゾウムシ2
おぼつかない足取りですが歩き出して、近くの樹皮下にまた入っていきました。
緑の季節には会えるかなあ。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

エゴヒゲナガゾウムシ、やっと会えた~~
Anthribidae  Exechesops leucopis
エゴヒゲナガゾウムシ
7月下旬 道端の葉の上に顔の白い虫がいました。
んーー、あれ? これってもしかして?
ひげが長いぞ。
ネットではよく載ってるけど、どんなにさがしても会えなかった虫です。
見つけた場所は、小さなエゴノキの下で、実は全然ついてませんでした。
だけど♀のようだから、エゴの実に行くだろうと思って
実のなってるエゴノキを見て回りました。


エゴヒゲナガゾウムシ2
それから10日以上たってやっとこのシーンを見つけたときは嬉しかったねえ。
写真ではたくさん見てたけど、生はかわいいね~^^


エゴヒゲナガゾウムシ3
そして、耳のような眼をした♂も撮れました。


エゴヒゲナガゾウムシ4
そして産卵です。
平たい顔をしてます。
この木には5匹ぐらい歩き回ってるのを見ました。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

チビカグヤヒメキクイゾウムシかな。
Curculionidae  Pseudocossonus brachypus
チビカグヤヒメキクイゾウムシ
葉の先端に3.5mm程の小さなゾウムシが。
カグヤヒメキクイゾウムシに似てるけど、胸部の篆刻が深いです。


チビカグヤヒメキクイゾウムシ2

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

トネリコアシブトゾウムシ。
Curculionidae  Ochyromera suturalis
トネリコアシブトゾウムシ
イボタノキの葉の葉基に挟まってた種もみそっくりのゾウムシ。4mmぐらい
葉から転げたので、手のひらで受けると、ものすごく動き回るゾウムシで。
地面に落として撮ってみました。
黄色っぽい肌色に、胸部から翅にかけて中心に茶色の筋が入ってます。



トネリコアシブトゾウムシ2
調べたら、アシブトゾウムシの仲間と分かり、トゲ付の太い前足が写って無いか探しましたが
これが精いっぱいだった。。
ゾウムシは良く気絶すると思ってたけど、このゾウムシは触っても気絶しないし、
難しかった。たまたま遭遇したアリには即座に気絶して裏返ったりしてたのに
気がつくのもめちゃ早かったなあ。

*名前の由来となっているトネリコの樹はモクセイ科で、イボタノキもモクセイ科でした。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ツヤハダヒメゾウムシかな。
Curculionidae  Phrissoderes rufitarsis
ツヤハダヒメゾウムシ
胸部には、小楯板あたりに集まるように流れる、たくさんの溝があります。
脚と触角は茶褐色をしています。2-3mm
翅の溝に毛が並んでるけど、ほかに目立った毛はなく、たくさんの溝がある割にはつやつやしてます。。



ツヤハダヒメゾウムシ2
ちょっとだけ、立ち止まってくれたらなあ。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

クチカクシゾウムシの口の隠し場所^^。
Shirahoshizo or Cryptorhynchus sp.
クチカクシゾウムシの仲間
クチカクシゾウムシの仲間だと思います。
マダラクチカクシゾウムシやマツカサシラホシゾウムシに似てますが、よくわかりません。


クチカクシゾウムシの仲間2
裏返してみたら、胸部と腹部の間に、Uの字に縁どられたへこみがあります。
あ~~っ!もしかして?


クチカクシゾウムシの仲間3
ちょっと転がしてみたら、収めてくれました。
これが名の由来かなあ。
他のゾウムシはどうなんだろう。いろいろ転がしてみてみたいなあ。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

クロナガハナゾウムシかな。
Curculionidae  Bradybatus (Bradybatus) sharpi
クロナガハナゾウムシ
鼻の付根まで4mmぐらい。胸部に白い筋が入ってる真っ黒ゾウムシ。



クロナガハナゾウムシ2

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ミズキトゲムネサルゾウムシ?と。。
Curculionidae  Ceutorhynchinae
ミズキトゲムネサルゾウムシ
ミズキに今年もミズキトゲムネサルゾウムシと思われるゾウムシがついてました。2.5mmぐらい。


ミズキトゲムネサルゾウムシ2



サルゾウムシ(ミズキ)
そしてさらに1.5mmぐらいの黄褐色のサルゾウムシもついてました。(写真の倍率は上の写真と同じにしました)
前翅の上部合わせ目が黒くなってるところがちょっと似てるので、雌雄なのかな?とも思いましたが、どちらも単体で葉の翅脈についてて、カップルが見当たりませんでした。
画像で見ると、標本なので毛が取れて黒っぽいのでしょうか、ニッポントゲムネサルゾウムシと紹介されているものに似てる感じです。


サルゾウムシ(ミズキ)2

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

チャバネキクイゾウムシかな。
Curculionidae  Kojimazo lewisi
チャバネキクイゾウムシ
手に長さ3mmぐらいの細くて黒い虫が留まってて、
見てたらすこしちくっとしたので、なんだろうと撮ってみることにしました。
あらら?以外にもゾウムシでした。
噛んだのはきまぐれだったようです。


チャバネキクイゾウムシ2

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

クロコブゾウムシ。
Curculionidae  Niphades variegatus
クロコブゾウムシ
2013/5月上旬 全身につやのある小さなコブがたくさんあり、固い前翅には縦に長いコブも2,3列あります。
全体に黒っぽいけど、よく見ると茶色の小さい斑が入ってます。


クロコブゾウムシ2
胸部がほおっかむりしてるように、顔をつつんでます。^^
頭部はジョイントのようにくるくる動くのかな。
メカニカルな形だなあ。


クロコブゾウムシ3

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

シリブトチョッキリ。
Rhynchitidae  Chokkirius truncatus
シリブトチョッキリ
2013/5月中旬 カエデの新しい葉の基をちょん切ってる黒チビのゾウムシ。
皮一枚で繋がってる葉の方に穴をあけてます。
わあ、断面がみずみずしいです。なんかおいしそう。
この季節までもう少し。^^


シリブトチョッキリ2
背中は青白い毛が生えてるのか、暗い瑠璃色に白い毛が生えているのかな?
脚の腿節も同じような感じでうっすら青みがかって見えます。
お尻の方が幅広になってます。



シリブトチョッキリ3
この特徴はシリブトチョッキリのようです。
こちらを参照しました。



シリブトチョッキリ4

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ハイイロチョッキリかな。
Rhynchitidae  Cyllorhynchites ursulus
ハイイロチョッキリ
雨宿りしに来たゾウムシ。10mmぐらい。
チョッキリにしては口が長い方です。触角もすらりと長いです。
胸部にトゲがあるのは♂なのかな。
今年は、他の虫ブログではよく見かけるのに、ここでは見つけられない虫を
見ることが出来て、なんか嬉しいです。
エゴヒゲナガゾウムシも出てきたりなんかしないかなあなんて思ってるけど。^^



ハイイロチョッキリ2

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ギシギシクチブトサルゾウムシかな。
Curculionidae  Rhinoncus jakovlevi
ギシギシクチブトサルゾウムシ
ギシギシの仲間(エゾノギシギシ?)に小さなサルゾウムシがいました。2-3mm
黒くて翅の合わせ目に白い筋のあるゾウムシはいろいろいて大変だと思ってたら、
名前にギシギシがついてるのがいて、見てみたらそのようです。^^


ギシギシクチブトサルゾウムシ2



ギシギシクチブトサルゾウムシ3

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ツメクサタネコバンゾウムシかな。
Curculionidae  Tychius (Tychius) picirostris
ツメクサタネコバンゾウムシ
アカツメクサの葉の付け根に灰色の粒があり、何気に覗いてみたら
1.5-2mmぐらいのゾウムシでありました。
ハナゾウムシかなあと調べてみたら、今はハナゾウムシもシギゾウムシもノミゾウムシも
同じCurculioninaeという亜科で、なるほど境目にあたるようなゾウムシがいろいろいました。。



ツメクサタネコバンゾウムシ2
アップでみると、かなり毛深いです。


ツメクサタネコバンゾウムシ3
翅の地色は黒で、中程から下が赤くなってる感じがします。


ツメクサタネコバンゾウムシ4

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ヒゲナガゾウムシの仲間。
Curculionidae  Anthribinae
ヒゲナガゾウムシの仲間
ガラスについてた、米粒小のゾウムシ。
茶色と黄色の斑紋がかわいらしいです。
ちょっと警戒されてしまって、歩き回ってました。
顔撮りたかったなあ。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

トゲアシクチブトゾウムシかな。
Curculionidae  Anosimus decoratus
トゲアシクチブトゾウムシ
2-3mmの小さなゾウムシ。
トゲアシクチブトゾウムシは、模様の変異が多いそうです。



トゲアシクチブトゾウムシ2

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ニセマツノシラホシゾウムシかな。
Curculionidae  Shirahoshizo rufescens
ニセマツノシラホシゾウムシ
またまたクチカクシゾウムシの仲間です。5mmぐらい。
背中に白点が4つあります。
寒い日だったので、次の日までここにじっとしてました。

ニセマツノシラホシゾウムシ2
写真を撮ろうとすると、逃げ回ります。ごめんね。



ニセマツノシラホシゾウムシ3

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

コブハナゾウムシかな。
Anthonominae  Anthonomus (Tachypterellus) dorsalis
コブハナゾウムシ
こちらも、薄暗い林の中で、揺れる葉の先についてました。
コロンとした形なので、いい具合にピントを合わせられない。。
うっすら赤い部分があります。



コブハナゾウムシ2
灰茶色の体に白い縦筋が胸部や背中にあります。
中高い背の真中には赤いコブがいくつかあります。
足は、細くて長めな感じです。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ハスジクチカクシゾウムシかな?
Curculionidae  Cryptorhynchus fasciculatus ...?
ハスジクチカクシゾウムシ?
ゆれる葉の先に、小さなゾウムシ。
標本の写真では、ハスジクチカクシゾウムシは、もっと白黒はっきりしてたんだけど
ちょっと色黒にしたハスジクチカクシって感じです。・・;
背中や頭部にいぼのように見える黒い毛の束があります。


ハスジクチカクシゾウムシ?2
うーん、固い表情だね~。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

イボタロウヒゲナガゾウムシ。
イボタロウヒゲナガゾウムシ
カエデの小枝の付け根に虫こぶのようなものがあり、なんだろうと覗いてみると
小さなゾウムシがいました。


イボタロウヒゲナガゾウムシ2
このゾウムシを調べたらイボタロウヒゲナガゾウムシでした。
名前の『イボタロウ』はイボタの木につく『イボタロウムシ』のことでカイガラムシの仲間です。
このゾウムシはイボタロウムシの卵を食べるんだそうです。
他のカイガラムシの卵もいろいろ食べることが知られているようです。
ヒゲナガゾウムシはキノコとか食べるのは知ってましたが、そういうのもいるんですね。・・;
ということは、この黄色い丸いものは虫こぶではなく、カイガラムシの仲間かも知れません。
アリがいるし、きっと甘露を出しているんだろうね。


イボタロウヒゲナガゾウムシ3
何を食べてるのか、いろんな方向から見てみたけど、わかりませんでしたが
これが卵を産んでるのか、観察してみようっと。

カイガラムシを調べてみたけどまだ見つけられません。

*カイガラムシと思われる黄色い丸い物は、卵を産む様子もなく、
その後焦げ茶色になり、 つやもなくしぼんでしまいました。アリもいなくなりました。
 他に2ケ所同じものがついてましたが、同じように変化していました。
 ゾウムシがついていたのは1つのみなので、ゾウムシの影響ではないと思います。
 調べてみたらヒモワタカイガラムシに少し似てたので、そのうちひも状のものが出てくればなあなんて思っていましたが。
 残念!
 


イボタロウヒゲナガゾウムシ4

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

タカハシトゲゾウムシ、やっと会えたなあ。
Curculionidae  Dinorhopala takahashii
タカハシトゲゾウムシ
桜の葉芽がほころんできたのを眺めてると、葉の裏に黒いシミとその近くに小さなおまけの黒いシミ2つ。
に見えたけど、不自然に、おまけのシミが大きなシミと同じ間隔で離れており同じ大きさなのが気になって
カメラでのぞいてみたら、一度見てみたかったあのゾウムシの形をしておりました。


タカハシトゲゾウムシ2
この膨らんだモモとそれに合わせたように、弓なりに曲がったスネ、モモにあるノコギリ状のトゲ、
何かをつかむようになってるのかなあ?
いつか見てみたいな。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

エゾヒメゾウムシかな。
エゾヒメゾウムシ
4月上旬 3mmぐらいの黒くて小さいゾウムシ。
冬になって調べてみようと思う黒い虫・▽・;


エゾヒメゾウムシ2
胸部には篆刻、背中には割と荒目のはっきりした縦溝があります。



エゾヒメゾウムシ3

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.