道草食ってみよっ♪
撮影した虫の写真、自然のもの等を紹介したいと思います。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
キクイムシの仲間。
Curculionidae  Scolytus sp.
Scolytus sp.
日が当たると、翅が赤っぽく映ります。
♂4mm、♀4.3mmぐらい。


Scolytus sp.2
このキクイムシは♀が穴を掘り、♂が穴の番をしています。




Scolytus sp.3
日陰では暗紫色です。



Scolytus sp.4
頭には外から内向きに長い毛が生えています。こちらは♂で、♀はすべて穴の中に入っていて顔を見られませんでした。
なんか木屑に頭を押し当てるだけで、木屑が毛の中に取り込まれるような気がするけど、実際はどうなんだろうね。




Scolytus sp.5
ムシクソハムシのように腹部の形態に違いがあるようです。
今までに載せたものは翅の後方で穴をふさいでいましたが、こちらは、腹部の後方が、割と平らになっており、
腹端で蓋をするのかと思いましたがどれも掘削中で、見ることはできませんでした。
翅の方も後方少しだけ切り落としたようになっています。
こちらは♀です。



Scolytus sp.6
後日の♀の別個体です。♀にはつやがあります。
穴を掘ってるせいで、採れてしまったのかも知れないけれど。
もしかしたら、ケヤキの芽に見える感じで少し出してるのかなあ?



Scolytus sp.7
♂は、全体に毛深いかな。

*こちらとよく似てると思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

トウキョウトラカミキリかな。
Cerambycidae  Chlorophorus yedoensis
トウキョウトラカミキリ
背中の模様は、かなりバラエティに富んでる感じ。
トラカミキリでは今年初見で、そして初めて見るカミキリムシです。
一見コバネのカミキリムシ!?と思っちゃいました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

黄色いミバエ。
Tephritidae  Pseudhemilea accepta
ヤマハマダラミバエ
ネット上に1つだけ、こちらのハエによく似ているので、記述にあった「Neue Trypetiden aus Japan (Diptera) (II).」の原記載論文を見てみたら翅のイラストがあり、模様の濃淡までよく似ています。
あれから追加写真を撮れないかと、見た場所を中心に探してますが、さっぱりです。
また会いたいな~


ヤマハマダラミバエ翅

翅の向きを変えて載せて見ます。

*ヤマハマダラミバエという和名で、このPseudhemilea acceptaという種と
Phiophylla takeuchiiという種がいるようです。後者も上記の論文に翅が載っていました。
前者が黄色で、後者が背に黄紋のあるタイプです。

*学名を原記載のAcidiella (Pseudacidia) acceptaを載せましたが現在はPseudhemilea acceptaとあったのを
 見逃していましたので直しました。
たぶんPhiophylla takeuchiiも現在は別の学名に代わっていると思われますが、
翅を見たところこちらのヤマツノハマダラミバエStemonocera mica(現在はVidalia mica)と近そうなので、
原記載論文の「Die japanischen Bohrfliegen.」を探しましたがネットでは見られませんでした。
ミバエもシノニムがいろいろあるものはややこしいのかも。



関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ウスオビカギバ。
Drepanidae  Sabra harpagula
ウスオビカギバ
シラカバやダケカンバを食するとありました。
成虫出現期が少し早いようですが、ここではシラカバは春一番に葉を出しました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

黒頭の赤いサラグモ?
Linyphiidae
黒頭の赤いサラグモ?
サラグモかなあ?赤と黒。
2.3mmぐらい。♂のようです。
ここでは頭胸部が赤で腹部の黒いサラグモはたくさん見かけますが、このクモはそれよりサイズが少し大きめです。
○○ナンキングモというのと配色が似てます。


黒頭の赤いサラグモ?2



黒頭の赤いサラグモ?3



黒頭の赤いサラグモ?4
これは別の日に見かけた、よく似た配色の♀です。
同種かなあ。
サラグモは難しいね。

*こちらを参照しました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ナミキガシラヒシウンカ(仮称) かな。
Cixiidae  Kuvera flaviceps(Matsumura)
ナミキガシラヒシウンカ(仮称)
翅の合わせ目付近に1対の黒紋、胸部の前縁に黄色い縁取りがあります。
他のキガシラヒシウンカ属は、近似種が多くて種の確定に至ってないそうです。



ナミキガシラヒシウンカ(仮称)2


*こちらを参照しました。

関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

フタホシアトキリゴミムシ。
Carabidae  Lebia bifenestrata
フタホシアトキリゴミムシ
5月下旬 葉の上で寝てたんだろうか?
目が合うと、急いで逃げてしまうアトキリゴミムシが
今回は逃げませんでした。



フタホシアトキリゴミムシ2
相変わらず、つやぴかです。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ヒロズヨコバイの仲間?
Cicadellidae  Macropsinae
ヒロズヨコバイの仲間?
4mmぐらいのツヤのある小さなヨコバイです。
ヒロズヨコバイ亜科MacropsinaeのOncopsis属に似てるかな。



ヒロズヨコバイの仲間?2



ヒロズヨコバイの仲間?3
*こちらを参照しました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

アサヒハエトリの仲間?
Salticidae  Phintella sp. ?
アサヒハエトリの仲間?
4mmぐらいの白いハエトリグモ。頭がちょっと青いぞ。



アサヒハエトリの仲間?2
あれ?これは目の間が黒いのですが。



アサヒハエトリの仲間?3
光の加減で青い筋が出てきれいです。
クモの毛は、光を当てると時々青く光るのがいて
ちょっと心が躍ります。

*こちらも青く光ります。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

クロナガヒラタカメムシかな。
Aradidae  Neuroctenus ater
クロナガヒラタカメムシ
前に倒木の中にいた越冬個体は、真っ黒でしたが、
今回のは少し赤みがあります。
体の両脇も平行だし、別種かと思って調べてみたら前回のは♂で今回のは♀なのかな。
12mmあり、大きめのヒラタカメムシです。



クロナガヒラタカメムシ2
裏を返してみると、何かたくさんついているようです。



クロナガヒラタカメムシ3
♂も載せておきます。
前のは真っ黒で形質がよくわからないので。^^
♂の腹部は気持ち裾広がりな感じです。
色の違いは個体差なのか雌雄差なのかよくわかりません。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

カノコマルハキバガかな。
Oecophoridae  Schiffermuelleria zelleri 
カノコマルハキバガ
木陰の葉の上にいたのを撮ったときは、暗かったので翅裾の黒紋の中にある紅白の帯が目だった面白いガだなあと。
で、写真を確認したら、めちゃフラッシュが効いててずいぶんとおしゃれなガでありました。
触角はこちらは1本上に。



カノコマルハキバガ2
こっちは1本を横に。^^
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ヒメコバチの仲間かな。
Eulophidae
ヒメコバチの仲間
窓についていたコバチです。2mm弱。
腹部にある黄色い紋から、ヒメコバチかなあ。
触角の、先端から6節目が黒っぽい色をしています。
脚は白いですが、後脚の膝節の下に薄い黒紋があります。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

オオクロヒラタヨコバイかな?
Penthimiidae  Penthimia sincipitalis ?
オオクロヒラタヨコバイ
茶色っぽいクロヒラタヨコバイの仲間がいました。
ここではクロヒラタヨコバイは4mmぐらいで、
このヨコバイは6mmぐらいです。
オオクロヒラタヨコバイも、クロヒラタヨコバイも、
同じく黒いのと赤っぽいのがいるそうです。



オオクロヒラタヨコバイ2



オオクロヒラタヨコバイ3
探してみたら、黒っぽいオオクロヒラタらしきヨコバイが見つかりました。
2013/7月中旬 全体に白っぽい微毛に覆われてます。



オオクロヒラタヨコバイ4


関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

サルゾウムシの仲間。
Curculionidae  Coelioderes ? Mecysmoderes ? or...
サルゾウムシの仲間
2016/4月中旬のゾウムシです。
留まっているのはヤブレガサですが、ホストなのかわかりません。



サルゾウムシの仲間2
大きさは2mm程、こちらのゾウムシと翅の白紋の位置などよく似ていますので、近似種なのでしょう。
胸部の真ん中にも白紋があります。



サルゾウムシの仲間3



サルゾウムシの仲間4
ヤブレガサです。
他に近似種があるかはわかりませんが。

サルゾウムシの画像などはずいぶん減ったように思いますが、再編中なのでしょうか?
ミズキにもに2mm前後の形態の違うサルゾウムシが、いろいろいたりするようですが。。
改めて過去の写真を見てみると、形の少し違うものと、白紋の有る無しがいました。
別種なのか雌雄差なのか変異が多いのかな。。
ミズキトゲムネサルゾウムシについても、参照したサイトを確認することが出来ないので、
このゾウムシもトゲムネはあえて使わず、サルゾウムシの仲間ということにしておきたいと思います。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

キアミメナミシャク。
Geometridae  Eustroma japonicum
キアミメナミシャク
面白い模様をしてます。
土の上の枯草に留まってたら紛れそうな感じですが、
ここだとパワーがみなぎってそうにしか見えません。^^;
翅には、今の時期だからそう思うのかも知れませんが、
少し芽を出しかけた種のような紋に見えます。



キアミメナミシャク2
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ヒメセスジハネカクシの仲間かな。
Staphylinidae  Anotylus sp.  (Anotylus vicinus ?)
ヒメセスジハネカクシの仲間
胸部に縦溝や凹みがあります。丈夫そうです。4mmぐらい。
翅は赤っぽい金属光沢があり、トビイロセスジハネカクシに似てます。



ヒメセスジハネカクシの仲間2
こちらの角度だと、翅にツヤが増して、表面に細かい凹凸があるような、
それとも微毛が生えているんでしょうか。
赤みは感じられません。
タマムシ風やね。


ヒメセスジハネカクシの仲間3
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

コメツキムシ2種。
Elateridae  Corymbitodes obscuripes ?
コゲチャホソヒラタコメツ?
小さくて細いコメツキが出てきました。
コゲチャホソヒラタコメツキで検索すると、”?”付きで、そっくりなコメツキが出てきました。



Elateridae  Dolerosomus sp?
キバネホソコメツキ♂?
こちらはキバネホソコメツキ♂なのかなあ?
キバネホソにしては翅が黒っぽい感じがするんだけど。
横にある種が大きく見えます。



キバネホソコメツキ♂?2
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

オオフタホシヒラタアブ♂かな。
Syrphidae  Syrphus ribesii
オオフタホシヒラタアブ♂
2015/4月下旬 小楯板の橙色が目立ちます。
体長は10mmぐらい、翅先まで12mmぐらい。



オオフタホシヒラタアブ♂2
翅の下に白い毛がたくさんあります。



オオフタホシヒラタアブ♂3
じっとしてたので、顔も撮ることが出来ました。



オオフタホシヒラタアブ♂4


*こちらこちらを参照しました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ケシキスイの仲間。
Nitidulidae  Carpophilinae
ケシキスイの仲間
4月中旬 体長 3mm程。
翅の中央に”V"紋と少し後方に1対の丸紋があります。
翅の上角にも同じような色の紋があります。



ケシキスイの仲間2
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

改 マルガタヒラタカメムシ♀かな。
Aradidae  Aradus bilobatus
マルガタヒラタカメムシ♂
緑がかったヒラタカメムシがいました。7.5-8mm
触角も白黒で、ヒラタカメムシの中ではかなりおしゃれです。



マルガタヒラタカメムシ♂2
♂と♀では触角の違いが一目瞭然です。
大概♂の方が大きな触角を持ってるイメージだけど、このカメムシは♀の方が長いんだね。
何かあるんでしょうか。

*こちらを参照しました。


*コメントありがとうございます。
よく似てますけど、やっぱりおそろいの触角なんですね。
何かほっとしました。。
タイトルを改めておきます。^^
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

カラフトオニグモ。
Araneidae  Eriophora sachalinensis
カラフトオニグモ 
若葉にいた黒地に白丸模様のクモ。
初めて見るクモです。



カラフトオニグモ 2
正面中央の白紋は足の裏の形に見えます。^^
調べてみたら、これもカラフトオニグモだそうで、色彩変異が多いようです。
カタハリオニグモとサガオニグモと本種は、識別が難しいな。

*こちらを参照しました。
関連記事
Ceutorhynchus semirufus その2。
Curculionidae  Ceutorhynchus semirufus
Ceutorhynchus semirufus
オオバタネツケバナ?に今年もいました。
翅の赤い部分は昨年のとは違います。個体差があるようです。


Ceutorhynchus semirufus2
カップルもいました。
蕾の下に跗節全体でうまいことつかまっています。
上向きも下向きも、苦も無く歩き回れるんだね~
♂は♀の肩などを、とんとんとせわしなくたたいてました。


Ceutorhynchus semirufus3
2016/4月中旬 昨年、記事を載せた後ですが蕾にとまっていたものです。



Ceutorhynchus semirufus4
その後、花に口吻を指していました。下の方なので蜜をなめているようにも見えますが、産卵もあるのかと思い、何度も見に行きましたが、警戒心が強くて、見つけたとたんにぽろっと落ちてしまいます。
花は昨年より多いですが、ゾウムシの方は2,3匹しか見つけられません。
慣れてくれるといいんだけど。



Ceutorhynchus semirufus5
上の方にも穴が開いてます。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

改 チャタテムシの仲間。
Psocoptera 
コチャタテの仲間
オニグモらしきクモの後ろに何か長丸いものが。。
1.7mmぐらいです。



コチャタテの仲間2
ちょっとつついてみたら歩き出しました。
細くて長い触角があるので、チャタテムシの仲間なのかなあ。
苔か砂のようなものをつけているのか、それとも自前のものなのか、ごみだらけで体の原形がわかりません。。
うまく隠れたね。^^/



コチャタテの仲間3

*体型から、コチャタテの仲間かな?と思ったのですが、似てるだけで根拠はないので、
 タイトルはチャタテムシの仲間ということにしておきます。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

チビヒョウタンゾウムシかな。
Curculionidae  Myosides seriehispidus
チビヒョウタンゾウムシ
小口の上にいた腹部の丸いゾウムシです。2.5mmぐらい。




チビヒョウタンゾウムシ2
何処から出て来たんだろう?



チビヒョウタンゾウムシ3
土色をしてるから土の中だろうか?



チビヒョウタンゾウムシ4
背中に鍵状の突起がたくさんあります。
こういうのを使うんだったら、固いものの隙間とかかなあ?
木の根や石の下にでも潜ってたのかなあ?
それとも、メナモミの実のように、仲間同士でくっつきあって過ごすのかな?
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ヒカゲハマキかな。
Tortricidae  Acleris umbrana
ヒカゲハマキ
ここの桜も咲きました。
初見のガです。
翅に1対の太い黒筋があります。
鱗粉を立てた所が幾つもあり、樹皮にも小さな突起がついています。^^




ヒカゲハマキ2
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

モンキノメイガかな。
Crambidae  Pelena sericea
モンキノメイガ
2013/7月中旬 開帳は20mm強のようです。


*こちらを参照しました。



モンキノメイガ2

関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

カギバノメイガかな。
Crambidae  Circobotys nycterina
カギバノメイガ
2013/6月上旬 ミズナラの葉裏にいます。翅先まで15mmぐらい。
子どもの頃に作った紙飛行機のような形です。



カギバノメイガ2



カギバノメイガ3
2015/6月上旬 シデの仲間の葉裏にいます。
白い脚が目立ちます。
翅縁のカーブしたラインがきれいです。

カギバノメイガ4
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

コバネササキリ。
Tettigonidae  Conocephalus japonicus
コバネササキリ
2013/10月上旬 触角の長さは半端ないです!
先が葉の下に隠れているので、全体を入れて見ようという気になりました。。



コバネササキリ2
翅の長さは、短翅、中翅、長翅といろいろいるようです。
長翅は少ないようで、名前から探してたのでちょっと手間取りました。



コバネササキリ3

*こちらこちらこちらを参照しました。



コバネササキリ4
2009/9月中旬 吾亦紅も食べるんだね。
翅が短いタイプです。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

コカゲロウの仲間かな。。
Baetidae  Cloeon sp.
コカゲロウの仲間
5.5mm程のカゲロウの幼虫。
初めて見ました。
ヤゴによく似ていましたが、調べてみたら腹節に鰭(ヒレ)のようなものがついています。
これは、鰓(えら)で、呼吸器官なのだそうです。



コカゲロウの仲間2



コカゲロウの仲間3
この小さいのは3mmぐらい。
*こちらを参照しました。


コカゲロウの仲間の成虫の写真を探してみました。
ネット上で見かけた、翅の縁が濃い色で白紋のあるものがいたので載せて見ます。
コカゲロウの仲間4
2013/10月上旬 体長は5mmぐらいです。
幼虫が今5.5mmあるので、10月に5mmの成虫なら幼虫とは別種でしょうか?
フタバカゲロウというのに似てますが、翅の模様が少し違うような気もします。


コカゲロウの仲間5
こうやってみると左右の翅の模様も違いますね。
翅の模様は変異が多い?


コカゲロウの仲間6
こちらは2014/9月下旬です。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

クロヘリキノメイガ。
Crambidae  Goniorhynchus butyrosus
クロヘリキノメイガ
2014/6月下旬 開帳20mm足らずです。
成虫出現期がちょっと遅めな感じです。



クロヘリキノメイガ2

*こちらを参照しました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.