道草食ってみよっ♪
撮影した虫の写真、自然のもの等を紹介したいと思います。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
アカスジキイロハマキ。
Tortricidae  Clepsis pallidana
アカスジキイロハマキ
8mmぐらい。
夏に爽やかな感じの柄、なんか涼しそう。



アカスジキイロハマキ2
追いかけるとすぐ飛んで行ってしまったので、あ~~と思いながら
他の虫を撮ってると、いつのまにか目の前に同じ柄のガが留まってくれました。
さっきのガかな。
何枚か撮るとまた逃げていったんだけど、しばらく別の虫を撮ってると、
また、少し遠めだけど撮れる範囲に留まってました。

ちょっと怖いけど、見てたら好奇心が出てきたのかも。
こんな感じって、なんか親しみが湧いてくるなあ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

白ちびのガ。
Opostegidae  Pseudopostega sp.
ヒラタモグリガの仲間
7月上旬 窓についていました。
翅の裾に小さな黒点があり、ヒラタモグリガの仲間でしょうか?



ヒラタモグリガの仲間2
ガラスに映った陰の目が、前脚で隠れてる。^^
隠してるのかも。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ホソアトキリゴミムシの仲間。
Carabidae  Dromius (Klepterus) sp.
ホソアトキリゴミムシの仲間
相変わらずつやつやしてるね。
一見黒っぽい小さなゴミムシだったけど、
撮った後アップで見たら翅は緑のメタリックで思わずきれいだった。
色彩的には 控えめなアオアトキリゴミムシ風かな。
体型的にはこちらの一番下のホソアトキリゴミムシ属と紹介されていたものと似てる感じ。



ホソアトキリゴミムシの仲間2
大きさは忘れたけど、カメラの設定からすると、5mmぐらいか8mmぐらいのどちらかだろうと思うけど。。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

クロタマゾウムシかな。
Curculionidae  Cionus helleri
クロタマゾウムシ
脚をたたんだら、ダンゴムシのようにまるまりそうです。



クロタマゾウムシ2



クロタマゾウムシ3



クロタマゾウムシ4
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

フタテンホソバヒゲナガキバガかな。
Lecithoceridae  Lecithocera cerussata
フタテンホソバヒゲナガキバガ
窓についてた7mmぐらいの小さなガ。
色は生成り色に赤い目をしてます。



フタテンホソバヒゲナガキバガ2
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ミカドガガンボ♀かな。
Tipulidae  Ctenacroscelis mikado
ミカドガガンボ♀
7月下旬 開帳70mm程あったかなあ。
ギフダイミョウガガンボぐらいはある、大きなガガンボ。
翅は茶色の無地で、胸部は灰色でオレンジの筋が入ってます。



ミカドガガンボ♀2



ミカドガガンボ♀3



ミカドガガンボ♀4
関連記事
セミスジコブヒゲカミキリ♀。
Cerambycidae
セミスジコブヒゲカミキリ♀2



セミスジコブヒゲカミキリ♀
触角が長いです。基部のふくらみはこの長さに関係があるんかな。




セミスジコブヒゲカミキリ♀3
♂の触角はさらに長くて、基部にはコブも2つずつあります。
この長い触角が何かに効いてるんだろか。

♂の記事はこちら

セミスジコブヒゲカミキリ♀4
竹で作った釣竿みたい。
先端の節は半分以下だね。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

クモの仲間。
Araneae
クモの仲間
7月上旬 家の中にいたクモ。
体長は1.2mmぐらいだったかなあ?
腹部背に白帯があり、脚にも白い部分があります。



クモの仲間2
頭胸部の模様にも特徴があるのですが、種まではわかりません。
腹部より頭部の方が大きく、脚は長めです。



クモの仲間3
小さいけど触肢から♂のようです。



クモの仲間4
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

モグリチビガの仲間。
Nepticulidae
モグリチビガの仲間
7月中旬 2mm程。
この形はモグリチビガですね。


モグリチビガの仲間2
触角の付根の鱗粉が大きくて平たいのか、触角の付根が変わった形をしてるのかな?


モグリチビガの仲間3
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ハラブトハナアブの仲間。
Syrphidae  Mallota sp.
ハラブトハナアブの仲間
7月上旬 
真っ黒なハナアブですが、腹端に黄色い長い毛がたくさんあります。
複眼の後ろ側面に白っぽい毛がふさふさしています。



ハラブトハナアブの仲間2
脚の跗節の部分は茶色っぽいね。



ハラブトハナアブの仲間3



ハラブトハナアブの仲間4
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

クリイロコミズギワゴミムシかな。
Tachyura (Sphaerotachys) fumicata 
クリイロコミズギワゴミムシ
林道に2mm程のつやっとしたものが歩き回っていました。
カメラで覗くと枯草の下にもぐって動かなくなります。



クリイロコミズギワゴミムシ2
動き出したところをたくさん撮ってると、背中に黄色い紋が見えました。
何もない所ではなかなか留まりません。
留まった時もあったけど、その時はシャッターが降りなくて。。
誰かがゴミムシに味方してあげたんだね。
そんな気がしたよ。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ヤマウコギヒラタマルハキバガかな。
Depressariidae  Agonopterix encentra
ヤマウコギヒラタマルハキバガ
留まっている草はアザミとかタンポポのような感じですが、
前からこの草なんだろうと思ってたものはヤマウコギでした。
20~30cmくらいのしか見てなくて、、そうでしたか。
おかげでスッキリしました。



ヤマウコギヒラタマルハキバガ2
ハマキガにもいたなあ。
胸部に房毛を立てているもの。
この形が効いているのか、他にも何か?

これとかこれなんか。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

テントウムシダマシの仲間。
Endomychidae 
テントウムシダマシの仲間
2.5mmほどのテントウダマシ。
ムクゲテントウダマシの仲間かな。
フラッシュが光らないとか、相変わらず初心者な感じで少し悲しくなりますが。・・;



テントウムシダマシの仲間2
光の加減で雰囲気がずいぶん変わります。
 カバイロダナエテントウダマシDanae castanea って気になるなあ。



テントウムシダマシの仲間3
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ヨツボシカミキリかな。
Cerambycidae  Stenygrinum quadrinotatum
ヨツボシカミキリ
この家の2階にいたらしいです。脚も触角も真っ赤なカミキリです。
12-13mm
カミキリムシはよく歩くね。この腿節部分をみるとなんか納得です。
クリやドングリ系の木には赤い色素が多いのかな。



ヨツボシカミキリ2
食樹はたくさんありますが、初めて見ました。
今度は外でも撮れるかなあ。


*こちらこちらを参照しました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

黄帯のミフシハバチ その2。
Argidae  Arge sp.?
黄帯のミフシハバチ
今年も同じ場所で同じ時期に腰に黄帯のあるミフシハバチに会えました。
今回はカップルです。

*前回の記事はこちら


黄帯のミフシハバチ2
左が♀で右が♂です。



黄帯のミフシハバチ3
♂は一回り小さく、腰に黄帯はなく真っ黒です。
裏に回って撮ったので、右側が♀です。
脚の脛が黄色いのはおそろいのようです。
マツノクロホシハバチもそうだけど、♀の方にわかりやすい特徴があるんでしょうか。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ジョウカイボンの仲間。
Cantharidae  Lycocerus sp.
ジョウカイボンの仲間
新種のカミキリムシかと思ってましたが、ジョウカイボンの仲間のようです。
クロホソジョウカイで検索すると似た感じのジョウカイボンが出てきました。


ジョウカイボンの仲間2
胸部は凹凸があるようですがこの写真はわかりにくいですね。。
捕獲して撮ってみたらよかったな。
両サイドにはへこみがあり、下の方に1対のこぶがあるように見えます。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

カシノシマメイガ。
Pyralidae  Pyralis farinalis
カシノシマメイガ
おしゃれなガですが、貯穀害虫の大御所とありました。
初見のガですが家の前にいたので、ちょっと気を付けようかな。
掃除掃除。。

*こちらを参照しました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

オビモンナガハムシ。
Megalopodidae  Zeugophora (Pedrillia) unifasciata
オビモンナガハムシ
こんなはっきりした模様のニセクビボソハムシ、いたっけ?
と、思ったら、カタビロハムシの仲間でした。
首をきゅっと曲げていたのは葉っぱを食べてたんだね。
後に食痕がありました。
3-4mmだったかなあ。



オビモンナガハムシ2
胸部が前すぼがりで変わってるなあと思ってハナノミかと思ったり、オトシブミの仲間?と思ったり。
写真は2枚きりで、ぽろっと。。
いつものパターンですが、会えなかったかもしれない虫に会えたんだもんな~^^



オビモンナガハムシ3
ちなみに、このような葉にいました。
ハムシだと思ってなくて、、もう一回見て来よう。



オビモンナガハムシ4

*同じ葉かはわかりませんが、ハムしを見つけた辺りにあった、
 鋸歯の感じも葉の反り具合もよく似た葉を見つけました。
食痕もいくつもありました。違うかもしれないけど。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

サラグモの仲間♀。
Linyphiidae
サラグモの仲間♀
今回のクモの腹部はつるぴかです。
トマトとかザクロとか、ちょっとみずみずしくってうまそうな感じ。
3.5mmぐらいだから、たらこ1、2粒ほどだけどね。^^;ゞ


サラグモの仲間♀2
赤いのは背面だけで、腹部や脚は明るい色合いです。



サラグモの仲間♀3
この腹部の模様は前に載せたケズネグモの仲間と似ています。
腹部背の後方に黒っぽい紋が1対。



サラグモの仲間♀4
腹部側です。



サラグモの仲間♀5
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

フタモンキバガかな。
Gelechiidae  Anarsia bimaculata
フタモンキバガ
前に紹介したツチイロキバガを胡麻塩(ごましお)模様に変えたような模様です。
黄色く前に突き出してる小顎鬚?が長くて目立ちます。
5.5mmぐらい。
茎の幅からはみ出ないので、見つかりにくいね。
赤い茎に留まってたのでわかっちゃったな。



フタモンキバガ2
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ツマキジョウカイの仲間。
Cantharidae  Malthinus sp.
ツマキジョウカイの仲間
短い翅の、翅先が爪のように薄黄色になってます。
3.5mmぐらい。

ツマキジョウカイのうち、写真で別種とわかったものと、分布域から外れているものを除いたら、
キアシツマキジョウカイ(Malthinus) humeralis
コウベツマキジョウカイMalthinus (Malthinus) kobensis
ウスバツマキジョウカイMalthinus (Malthinus) nakanei
ウスイロツマキジョウカイMalthinus (Malthinus) sagamiensis
が残りました。

*こちらのリストを参照しました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ハマダラミバエの仲間。
Tephritidae
ハマダラミバエの仲間
前回のハマダラミバエで紹介したミバエに近い感じです。
腹部に見えるのは寄生虫でしょうか。
背中の模様もアンバランスなのはそのせいなのかなあ。



ハマダラミバエの仲間2
今回も警戒されてしまい、たくさん写真は撮れませんでした。



ハマダラミバエの仲間4
翅もフラッシュの反射で白とびしてしまいましたが、
模様はある程度わかるかな。
翅は羽化して間もない感じでしょうか、翅脈や模様が薄い感じです。



ハマダラミバエの仲間3
こちらこちらの間のような翅です。
1は色が無く前種に近いし、全体的にも前種寄りかな。
2は後種に近いです。
3は黒帯がはっきりと繋がっているので両種と違います。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

カモドキサシガメの仲間。
Reduviidae  Empicoris sp.
カモドキサシガメの仲間
アカヒゲドクガの幼虫のそばで。
身を守るためなのか、狩りに利用するのか、たまたまいるだけなのか。
幼虫から少し離れてもらいました。
カモドキサシガメは、過去に幼虫を1回見たきりで、
成虫は初めてです。6mmぐらい。



カモドキサシガメの仲間2
色は茶色っぽいですが、こんな色なのか、これから黒っぽくなるのか。



カモドキサシガメの仲間3
石畳のような、キリンのような、模様だな。 (拡大します。)
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

キムネツツカッコウムシ。
Cleridae  Teneroides maculicollis 
キムネツツカッコウムシ
4.7mmほど。
頭部と、胸部の前1/4ぐらいが赤く、胸部3/4は橙色です。
光の加減でしょうか。



キムネツツカッコウムシ2
何となく気持ちがなごむ感じ~


キムネツツカッコウムシ3
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ハンノキカミキリ。
Cerambycidae  Cagosima sanguinolenta
ハンノキカミキリ2



ハンノキカミキリ
白っぽい樹皮にいると、発色がいいです。
目立つ色だけど、この色のコンビは安全なのかもしれないね。
ケヤキに留まらせて撮ったけど、同じ歩調でずんずんとひたすら登って行きました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

紋付柄のちびちびガ。
Oecophoridae  Acryptolechia sp. 2 of Ueda, 2013 ?
ガの仲間
またしても真っ黒な翅の縁に白紋がある、オビマルハキバガのような形をしたガが。



ガの仲間2
今回のは、白紋が小さめで、外側の紋はあるかないかぐらいのものです。
翅先まで5mmぐらい。



ガの仲間3
アズミオビマルハキバガの黒化型?とも思いましたが、
本種は触角の先端が白いし。。
カラマツマダラメイガの画像にも似たのがいましたが、目は本種の方が小さいです。



ガの仲間4

まだ調べ中です。・・;ゞ

*こちらと同じウスオビヒメマルハキバガかなあ。
変異が激しそうです。こちらこちらを参照しました。
触角が少し違うような気がするけど、カノコマルハキバガと似ているので
マルハキバガ科かなあ。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

キクイムシの仲間。
Curculionidae  Scolytus sp.
Scolytus sp.
日が当たると、翅が赤っぽく映ります。
♂4mm、♀4.3mmぐらい。


Scolytus sp.2
このキクイムシは♀が穴を掘り、♂が穴の番をしています。




Scolytus sp.3
日陰では暗紫色です。



Scolytus sp.4
頭には外から内向きに長い毛が生えています。こちらは♂で、♀はすべて穴の中に入っていて顔を見られませんでした。
なんか木屑に頭を押し当てるだけで、木屑が毛の中に取り込まれるような気がするけど、実際はどうなんだろうね。




Scolytus sp.5
ムシクソハムシのように腹部の形態に違いがあるようです。
今までに載せたものは翅の後方で穴をふさいでいましたが、こちらは、腹部の後方が、割と平らになっており、
腹端で蓋をするのかと思いましたがどれも掘削中で、見ることはできませんでした。
翅の方も後方少しだけ切り落としたようになっています。
こちらは♀です。



Scolytus sp.6
後日の♀の別個体です。♀にはつやがあります。
穴を掘ってるせいで、採れてしまったのかも知れないけれど。
もしかしたら、ケヤキの芽に見える感じで少し出してるのかなあ?



Scolytus sp.7
♂は、全体に毛深いかな。

*こちらとよく似てると思います。

こういうのが見つかりました。Scolytus japonicus Chapuis, 1875はニホンキクイムシ(ウスリーキクイムシも同種)でした。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

トウキョウトラカミキリかな。
Cerambycidae  Chlorophorus yedoensis
トウキョウトラカミキリ
背中の模様は、かなりバラエティに富んでる感じ。
トラカミキリでは今年初見で、そして初めて見るカミキリムシです。
一見コバネのカミキリムシ!?と思っちゃいました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

黄色いミバエ。
Tephritidae  Pseudhemilea accepta
ヤマハマダラミバエ
ネット上に1つだけ、こちらのハエによく似ているので、記述にあった「Neue Trypetiden aus Japan (Diptera) (II).」の原記載論文を見てみたら翅のイラストがあり、模様の濃淡までよく似ています。
あれから追加写真を撮れないかと、見た場所を中心に探してますが、さっぱりです。
また会いたいな~


ヤマハマダラミバエ翅

翅の向きを変えて載せて見ます。

*ヤマハマダラミバエという和名で、このPseudhemilea acceptaという種と
Phiophylla takeuchiiという種がいるようです。後者も上記の論文に翅が載っていました。
前者が黄色で、後者が背に黄紋のあるタイプです。

*学名を原記載のAcidiella (Pseudacidia) acceptaを載せましたが現在はPseudhemilea acceptaとあったのを
 見逃していましたので直しました。
たぶんPhiophylla takeuchiiも現在は別の学名に代わっていると思われますが、
翅を見たところこちらのヤマツノハマダラミバエStemonocera mica(現在はVidalia mica)と近そうなので、
原記載論文の「Die japanischen Bohrfliegen.」を探しましたがネットでは見られませんでした。
ミバエもシノニムがいろいろあるものはややこしいのかも。

*Phiophylla takeuchiiは、シシウドハマダラミバエで現在Alsangelisca takeuchiiとなっていました。
同じサイトのこちらに紹介してあります。
しかしながら、他に写真を載せているところがないため、素人には判断が付きかねます。^^ゞ


関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

ウスオビカギバ。
Drepanidae  Sabra harpagula
ウスオビカギバ
シラカバやダケカンバを食するとありました。
成虫出現期が少し早いようですが、ここではシラカバは春一番に葉を出しました。
関連記事

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.